ホーム>インフォメーション>その他>効率の良い覚え方
その他

効率の良い覚え方

みなさんは普段の勉強で、どのような覚え方をしていますか?

『効率の良い覚え方』が分かれば、暗記に苦労したり、時間をとられることなく勉強を進められるかもしれません。

何度も反復しましょう

脳の特性の一つとして、「忘れやすい」ということがあります。
長期の記憶にするためには、反復すること。に限ります。
脳にしっかり暗記させるためには、何度も復習を行ってみてください。

重要な部分に赤ペンや蛍光ペンなどでチェックを入れる、または、付箋を貼るなどを行っておくと、脳に記憶しやすくなったり、試験直前の重要ポイントのみの見直しの際などにもとても役立ちます。

理解したうえでの暗記を

頑張って丸暗記を行った場合、その時はしっかり頭に入るかもしれませんが、そのような覚え方を行った場合、徐々に記憶が薄れていき、最終的には忘れてしまうこともあります。
せっかく貴重な時間を費やすわけですから、内容を理解したうえで、それを暗記していくほうが、長期の記憶として頭に残るはずです。

みなさんすでに実践しておられる方も多いかもしれませんが、暗記を行う際はぜひ効率の良い覚え方を実践してみてください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.carnegie-gakuin.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/20

ページ上部へ