ホーム>インフォメーション

インフォメーション

大学受験

大学進学率が高くなり、少子化と相まって大学全入時代を迎えると言われています。
そうは言っても、所謂、難関大学・難関学部に合格するには、今も昔も変わりはありません。
進学校あるいは特進クラスと言われている所の授業は成績上位者に合わせた内容になっています。
ですから、それに見合った実力を持つ生徒はその授業を最大限に活かすことが出来るでしょう。

しかしそれだけの実力がない、あるいは基礎力がないという生徒に関しては、授業内容の消化不良は避けられません。
その生徒の状況に合った指導と自学内容の指示が必要となります。
そういう面での家庭教師がいれば、効果的な学習が可能となるはずです。

高校受験

今日の高校進学率は100%に近く、高校が義務教育に近いものとなっています。
中学受験とは異なり、ほぼ全員が受験するという意味では塾等の態勢も整っています。
しかし勉強の出遅れが目立つ生徒や、もう少し底上げをしたい生徒等については、その要望に集団授業で対応することは難しいです。
こうした場合には家庭教師による効果的な指導を受けたいと思って間違いありません。

中学受験

この数年中学受験を検討されているご家庭が多くなりました。
その背景には様々な要因がありますが、義務教育の途中での受験には特別の配慮が必要です。
中学受験の勉強は学校の授業だけでは足りません。
今日では受験のための勉強をすることが出来る塾へ通うことは避けられません。
そして、そこで分からない所の補足として家庭教師による助けは欠かせません。
それ以外にも理由はありますが、塾と糧教師の二段構え体制が必要不可欠だと思います。

家庭教師の選び方

家庭教師を雇って子供の成績を上げたいときに良い家庭教師とあまり良くない家庭教師がいるので、子供との相性にもよりますが、家庭教師があまりよくない時は変えてもらうかまたは家庭教師に来てもらわないようにしないといけません。
また、親などが有名大学を卒業している家庭教師や今現在大学生をしている家庭教師に来てもらいたいという親が多いのですが、有名大学出身者なら誰だって優秀な家庭教師ということにはならないのです。

ちなみに中学校受験など幼い子供の場合はより人間性を注意しなくてはいけません。
なぜならそういった有名大学出身者の家庭教師の場合、生徒を教える時に自分の経験、つまり自分が中学校、高校に行ってた時の学習レベルと比較して教えることになるので生徒の学習レベルを考えて勉強を教えていくと思いますが、ちょっと生徒が勉強ができないからといってフラストレーションが溜まってくるので生徒にあたってしまうことがあるので一概に優秀だとは言えないのです。

良い家庭教師というのは生徒のことを良く見ており、性格や行動などの分析をして的確なアドバイスを行い生徒を支えると思うし、有名大学出身者は一方的に頭ごなしに学習を進めていくので生徒のためにならないのです。
それに家庭教師というのは、雇われた家庭にいくのが不安になる人が多く、どんな家庭なのか、どんな生徒なのか、不良なのか、普通なのか、頭が良いのか、悪いのか、成績を上げることができるのか、成績が悪くなったらどうしようとか、ちゃんと話することができるのかなどいろんなことを考えてしまい不安になる人がいると思います。

優秀な家庭教師を紹介するプロだからこその実績と成果をご確認下さい!!

家庭教師のメリット・デメリット

メリット

家庭教師を雇うメリットとしては家にいて親の目が届く範囲で勉強を習慣づけれるという点です。
しかし、塾と違って費用が高く子供と家庭教師の相性で成績にも影響することもあります。
家庭教師と子供の相性が悪ければ家庭教師を変えてもらえればいいわけで、塾の場合だと先生によって子供の勉強に対する姿勢が変わってくるので必ずしも成績がよくなるわけではありません。
塾は先生を直接変えることはできなく、家庭教師だと子供の相性が合わないと変えてもらうこともできるのであります。

家庭教師は家庭教師センターや家庭教師派遣会社などを通すことでサービスやサポートが充実していればなお良く、家庭教師の最大のメリットは勉強をしながら分からない所は生徒が理解するまで教えてくれることです。
家庭教師の力量によって生徒を理解させる時間は異なってくるので授業内容の進行が遅いことはいえません。
しかし、雇うというのは費用が高いですし、周りからの刺激がないので学習意欲が湧かないという生徒もいますのでそういった問題も考えながら家庭教師を雇うと良いでしょう。

家庭教師選び

家庭教師は自分の経験を元に学習させていくので今までにどんな生徒を教えてきたかというのが重要です。
そこで家庭教師センターや家庭教師派遣会社などを利用するとどんな生徒を教えてきたのか実績のデータを見せてもらってから家庭教師を選ぶと良いでしょう。

そういった点では個人契約する家庭教師より家庭教師センターや家庭教師派遣会社などのデータが役に立つのでそういったことも考慮しながら家庭教師を選び、お子様との相性も確認したいので契約するときに家庭教師の変更の話も行っておくと後でセンターの対応もスムーズに行えます。

また、お子様がどんな性格なのか把握しておくと、どのような家庭教師を付けた方が成績が良くなるのか判断し易いと思います。
子供の性格が大人しく、学校などの授業に遅れていたり、基礎がちゃんとできていなかったり、理解力が遅かったり、授業などで積極的に先生に質問できなかったりなどといったお子様なら家庭教師を付けた方が成績は良くなると思います。
理由としては、家庭教師というのは生徒が理解しながら授業を進めて行くので理解が出来ていなかったら、理解出来るま教えてくれるのでわからないことがわかるようになってくるのです。
また、家庭教師が付くことで基礎知識が養われますので学習する力の底上げができますし、塾に通わせても中々成績が上がらないというお子様でも基礎から学習させるので全体的にレベルアップするでしょう。

デメリット

ただ、家庭教師は人によって相性や指導力などが異なってくるのでお子様の成績が必ずしも上がるという保証はできないのです。
有名な高校や大学に進学させたことのある家庭教師であっても自分の子供と相性が良いというものでもなく、成績が必ず上がるということはないですし、また、そういった家庭教師に限って成績が上がらないのは自分のせいではなく、子供のせいにして子供に八つ当たりとするということも考えられるので家庭教師を選ぶときは慎重にならないといけません。

親は優秀な家庭教師を付けた方が成績が良くなるという固定概念があるので、そういった考えをするようではお子様が苦しい思いをするだけなので家庭教師を選ぶときはお子様の考えも取り入れながら選んで行くと良いでしょう。

ホームページリニューアルのお知らせ

平素は当サイトをご愛顧賜り、誠にありがとうございます。
この度、お客さまにより便利にご利用いただくため、当サイトをリニューアルいたしました。
今後とも多くのみなさまにご利用いただけるよう、内容の充実を図ってまいりますので、よろしくお願いいたします。

ページ上部へ